もっと第9話「乱脈」

鑑賞日記書くつもりじゃなくて、たまたま見たくなって見たこの作品。
たまたま1話暴走と同じ長谷部監督作品で、たまたま1話暴走と同じ未成年のタイムリミットもので、暴走の次に書く鑑賞日記はこれがピッタリだなと思ったのでいきなりもっとにとびます。


監督:長谷部安春 
脚本:岡 芳郎

薫ちゃんが活躍する回を見たくて久しぶりに見ましたが、これ名作回ではないですか!
私の思う名作回とは、ハードボイルド要素もあり、ストーリーも面白くて笑いとのバランスも丁度いいもの。
もっと~は結構笑いに偏りがちですが、この作品のバランスは素晴らしいですね!
やはり長谷部監督作品だからでしょうか。

『映画監督村川透 和製ハードボイルドを作った男』という本に、長谷部監督と村川監督の路線の違い、演出・センスの違いに関する記載があって、そこから監督ごとの演出の違いにも着目してあぶ刑事をまた見返してみたいなと思うようになりました。

ハードボイルドの長谷部監督と、ライブ感のある生きた演技(アドリブ)を奨励する村川監督。

もっとあぶない刑事では、ハードボイルド路線が減ってセリフやアドリブでの笑いの要素が強くなっているので、どちらかというと村川監督が作ってきた路線が色濃く出ているのかなという印象ですが、もっとの25話には村川監督作ってひとつもないんですね。これがまた意外。村川監督ばっかりかと思ったら。

長谷部監督作は乱脈含め10話あるんですが、この10話をちょっと集中してみてみたいです。
あぶ刑事がコアなファンのものから大衆のもの、みんなのものに変わっていく中で、作品の色も変わっていきましたが、その時流の中でバランス感覚を保って作品を作り続けるのは難しかったんじゃないかなと思います。

面白い、かっこいいって感想だけじゃなくて、作り手の気持ちももっと理解したいです。
・・・ということで鑑賞日記スタート。ここからは面白い、かっこいいっていっぱい言いますけどね!



冒頭
透と通り魔のおとり捜査をしてたら薫が通り魔に襲われ拳銃を奪われる
拳銃を失くしたり、奪われたり、結構みんなよくしますよね、あっちゃいけないけど。
4人の中ではタカだけかな? 奪われたり失くしたりしてないの…あ、勝手に使われたりしてましたね。
私ロケ地には疎いけどここは分かる!代官坂トンネル!

少年課
珍しい、捜査課でなく少年課けいら課の人たちに怒られてる透
右から鈴江さん・まだ井沢さん(後の岸本)・愛川さん・若原さん。
今やっと私は若原さんの顔と名前が一致した。

捜査課
今度は近藤課長に怒られる透
ここにタカとユージはいないけど、もう現場が2人いなくても面白い事しようって時代に突入してるから、もう雰囲気が…素晴らしいですね。パパちょっと笑ってる。
近藤課長のそらそうだ攻撃、最高。

「そらそうだ。それで?」
「それで」
「フフン、それで?」
「それだけ…それだけ!」
「クビだ!」

近藤課長…やっぱり大好きです。気苦労が多すぎる。

覆面車
タカとユージがここで登場
タカの懐から防弾ガラス

本牧病院
犯人の手がかり早くも見つかる

薫も別ルートで犯人の手がかりを見つける

遠山の自宅
ここでは普通の好青年の遠山くん
「部屋見ます?」
ここで見てたら事件解決してた。後々になってそれが分かる良い脚本。

捜査課
「上にどうやって言い訳するの~誰か教えてちょうだいよ。」
課長…。

鑑識の安さんは似顔絵もかけるんですね!
薫に立ち会う中さんとパパ
今回の薫は抑えた演技ですね!これも珍しい。
拳銃を奪われて責任感じてるから、たまにはこういう薫ちゃんもいいですね。
向かいの中さんが眠そうにしてる…寝ちゃう。起こすパパ。

捜査課
あれ、夜が明けてる!
皆徹夜で似顔絵できるの待ってたんだね。そりゃ眠いな。
今回の衣装ユージはジャケットなしかな。コート着てるだけですね。
ちゃんと捜査課ではコート脱いでホルスター見せてくれるから好き。
ユージの黒に黒の後ろ姿もいいし、タカのベストにホルスターもいい。どっちもいい!

透「それじゃあ俺が無責任でいい加減な奴みたいじゃないですか!」
タカ「違ったか?」
この違ったかの言い方…。タカかっこい。タカのベストは前は黒地で背中は白地でおしゃれ!

薬剤店
盗まれた水酸化ナトリウム 4人で聞き込み。

公衆電話から電話する薫
こういう連絡を取り合えずすれ違うシーン 携帯がある今はもうないですね

薫が遠山に捕まる

遠山のアパートピッキングで侵入また手がかりを発見

島田のアパートで流れてるテープ
これBOOWYだったとは、DVDマガジンで初めて知る。

捜査課
パパ「ややこしいんで整理しますとですね。」
舘さんがタカのセリフを追うとストーリーが分かる。って仰ってましたが、パパもそうですね。
パパもストーリーを前に運ぶ人。
あぶ刑事のバランスを担っているのは、近藤課長とタカとパパ。
この3人の誰かがまっすぐ立って、周りが自由に飛び回っても軸だけぶれないようにしてくれてます。

リターンズ以降は近藤課長がいなくて、パパを活かせる脚本にもなってくて、この役割がタカに集中しちゃったかんじがします。でも舘さんは人一倍、このバランスを意識されてますね。フォーエバーでもまだまだでもさらばでも、結構昔の反省と共にもっとこうしたいんだっていう話を常にされていました。

さらばでそれが実現できてほんとに良かった。

遠山からの電話
タカ「お前か。」
タカの一言一言すごくかっこいい。
長谷部監督だから特に、意識してるのかな。

今回は近藤課長、大下と鷹山って言ってる。
いつも鷹山大下なのに、この順番の変化、気になる。


名シーン出た。
遠山の要望でタカとユージが撃ちあうシーン
ここでもコート脱いで遠山に渡してるのもいいですね。
タカを撃っちゃうユージ。かっこいいシーンで思い切りかっこつけてくれるのも素晴らしい。
このシーンは最初から最後までいいですね!
タカ「甘いんだよボーヤ。」 長谷部作品はタカのハードボイルド色がやっぱり強いのかな?

ユージ「俺の射撃の腕に感謝しろよ。」
タカ「2センチずれてた。俺が動いて、こいつに当てたんだ。」
ユージ「よく言うぜ。」
 
かっこいい~。

覆面車
遠山が1話暴走の今村と同じで今日まで少年A。
でも今村よりこっちの子の方がちょっと理解しがたい。
タカ「何者なんだお前は。」この言い方もいい。
ユージ「てめぇ、まさか殺したんじゃねぇだろうな。」 素晴らしい。

「甘いんだよな~。」
23:59まで少年Aの扱い方は2度目だから、全然焦ってないですね。
徒歩でハンバーガー買ってきたタカ、笑顔が素敵。

レパードのボンネットに乗ってハンバーガー食べるユージ。
ボンネットの使い方が多彩。
飛び乗るだけじゃなく、座って食事したりタバコ吸ったりも出来るスペースなんですね。

タカちょっとハンバーガー頬張りすぎてセリフが…。
食事しながらしゃべるシーンって難しいそうですね。
今さら気づいたけど、今回脚本も素晴らしいな。
ストーリーに緩急があって。

本牧パークマンション
あ!出たユージのボンネット飛び乗り。
派手なアクションに見せずにさらっとやっちゃうところがすごい。

薫ちゃんが真面目な演技をしてる。
これも長谷部監督作品だからかな。

間一髪。
縄をほどかず薫のベルト緩めようとするユージ
「お腹苦しいんじゃないの。」って言ってはにかむ。
はにかむってあぁいうの言うんですね~かっこいい。
ここで薫ちゃんがちょっと泣いてありがとっていうのも良いシーン。
本当に良いシーン。

エンディング
いつもの薫
ユージ、コーヒー吹く。
展開もタイミングも、ばっちり。面白いとこは面白いし、かっこいいところは最後までかっこよかった。
今回バランス最高だった。

エンドロール
助監督に鹿島勤の名前を発見!私鹿島監督の『静かなるドン』に関しても語れます。
好きな監督です。ここで長谷部監督についてたんですね。

■総括
ユージの走り・・・たぶんなし!
ユージの柵越え・・・なし!
ユージとボンネット・・・食事してた。飛び乗ってた。
ユージのアクション・・・ほとんどなし。タカとの撃ちあいはあった。
タカの良かったシーン・・・今回はタカのセリフがほとんど全部かっこよかった。
舘さんは長谷部監督で活きて、恭兵さんは村川監督で活きる。これは本にも書いてあったけどその通りだった。
名言・・・近藤課長「そらそうだ、それで?」

もっとの25話だけでランキングつけるとしたら、この乱脈はかなり上位に入るんじゃないかなと思うぐらい。
素晴らしい作品でした!

この記事へのコメント

みゆき
2016年03月29日 19:16
先日はお返事ありがとうございました。

今回もあさってのハナシでごめんなさい。

今日“またまた~”のDVD借りて見てました。
メイキング見て気付いたんですけど、クラブのシーンで柴田恭兵さんが履いてる靴、ジャズシューズでしょうか?

ほんの細かいハナシで、どうでもいいようなことなんだけど、すごく気になって…

ほんとどうしようもないハナシでごめんなさいね…
2016年03月30日 23:49
みゆきさんコメントありがとうございます。
またまたの靴ですか?はいはいあれね!
あれね…さっぱり分からないですね!
ジャズシューズって何だんねん状態ですすいません。
知識と情報が乏しく、その場の勢いで書いてるようなブログで…全然詳しくないんです。
ちょっとまたまた見て勉強してきます!
みゆきさんがそこが気になった理由が気になります!
また教えて下さい。
みゆき
2016年03月31日 17:48
えー…っと
女性の靴で、バレエシューズがここ数年流行ってるじゃないですか?
あんなカンジのです。
ローファーみたいなカチッとしたヤツじゃなくて、やわらかい…モダンバレエとかやるときに爪先まで楽に伸ばせる靴なんですけど…
それを男性が履くとかお洒落だな…と。
2016年04月01日 21:50
みゆきさん
スクランブルパーティーをアゲイン見ましたー!
そしてジャズシューズも勉強しました。
足音しなさそうですね、そして走りやすそう。
またまたのユージの走ってるシーン大好きです。
全然今まで気にしてませんでしたが、足元もおしゃれですね~。
教えて頂きありがとうございました!
くまぴ
2016年04月03日 16:35
初めまして。
小さい子供がいるため、さらばあぶない刑事を一回しか劇場に見に行けないまま公開が終わってしまい、不完全燃焼の気持ちを整理しようと、 あぶ刑事ファンのかたの ブログをさまよっているうちに、こちらにたどり着きました(^^)

鯨さんの あぶ刑事愛にあふれたこのブログが大好きで、最初の頃のブログから ほとんど全て読ませていただきました♪
「乱脈」のタカとユージが撃ち合いをするシーン、私は もっとあぶない刑事の中で 一番好きなシーンです。

遠山にコートを渡す その渡しかた、 一連の会話、もう何もかもカッコいいですよね!

鯨さんと私、感性が似てるのか、鯨さんの感想やツボが 私が思うところとソックリなことが多く、「そうなの、そうなの!」と相槌うちながらいつも読んでます(^o^)

これからも楽しみにしています。
またおじゃまします♪
みゆき
2016年04月04日 22:44
あの靴、軽いし馴染んでいいかなって思うけど、私は逆にユージの走りについていけるのかなって思いました(笑)
ワタシ、少しだけダンスやってて…。あの靴も履いたことあるんですけど、あれで道路をマジで走ったら爪先抜けそう…って。まして廃屋に入るとかΣ(゜Д゜)ケガしたらどうするの?みたいな。
まあ、『弾、弾…』連呼しながらジョークぶちかましてたから(笑)、無事でなにより…なんだけど(爆)
2016年04月05日 21:12
くまぴさん。はじめまして。
コメントありがとうございます。

ブログを遡って読んで頂き嬉しい限りです!
もう9年やっていますが、こうしてあぶ刑事ファンの方とコメント欄で交流できるのが一番楽しいです。くまぴさんも再放送世代でしょうか?

もっとの中ではやはり乱脈いいですよねぇ!共感ポイントも一緒のようで嬉しいです。最近記憶力が低下してきてるので、何を見ても新鮮に感動してしまいます。

子育てでかなりお忙しい時期かと思いますが、骨休めにまたぜひ遊びにきて下さい!
2016年04月05日 21:29
みゆきさん

ダンスされてるんですね!ジャズシューズは走るのには向かないのか…なるほど。じゃやっぱりユージすごいですねぇ!

メイキングで久しぶりに肩までTシャツをまくったあのシーンも見れて良かったです。またまたは夏で もっともは冬。この2作品は季節感も出てていいですね!
みゆき
2016年04月06日 00:35
おろ(;・∀・)

なんか鯨さんのお返事見てると、この前“もっとも~”見てたことがわかってるかのような…

ウチ…正直言うと“にわか”みたいなモンで…

高校生とか社会人になってから、再放送見て知ってはいたけど、マジで追いかけたことはなくて…

今回“さらば~”って言われて、急に『いやあっ゜゜(´O`)°゜』みたいな気持ちで、いろいろ見まくってるカンジで…

もう…こんなワタシがコメントしてしまったことが恥ずかしくて…

暫くROM専しながら勉強します(-_-;)
みゆき
2016年04月07日 23:04
ROM専とか言いながら、お邪魔に来るヒト…(我ながらウザくてごめんなさい)

“さらば~”のDVD、予約始まってますね。
特典でレパードのミニカー付いたやつとかあるらしいです。日テレのオンラインショップでは売り切れでした(気付くの遅かった(ー_ー;))。
2016年04月08日 00:22
みゆきさん

なかなか楽しい方ですねぇ。
再放送は見ててたけど燃え上がったのはさらばからなかんじですか?いいじゃないですか!素晴らしい!

結構同じような方いっぱいいらっしゃると思いますよ!さらばはファンを増やしましたからね、30年目にして恐るべしです!私も勝手な事書いてますが知識はぜ~んぜんないですし、情報に疎いです。

twitterは最新情報を得るにはとても便利なので、DVD/BDもミニカー付の台本セットになったやつで予約しました。みんなどこで情報を仕入れてくるのか、早いです情報が!
というわけであまり参考にならないブログですが、いつでもコメントしたい時に来て下さい。私も頑張ります!
くまぴ
2016年04月08日 22:12
私も夕方の再放送で あぶ刑事にはまった人です(^.^)
私の あぶ刑事に関する一番古い記憶は・・・小学生の時に 男子に「あぶない刑事の映画を一緒に見に行かない?」と誘われ、あぶない刑事を知らなかったため断ったという、今思えば なんとももったいない出来事があります。

次は、中学の修学旅行の帰りのバスで、バスガイドさんが「何のビデオが見たいですか?」と3つくらいビデオを用意してて、その中のひとつが「もっともあぶない刑事」でした。
多数決で「もっともあぶない刑事」になり、私はこれで初めて あぶない刑事を見ました。
ビデオが全部終わる前に 学校に着いてしまい、最後まで見れませんでした。

それからしばらく経ち、たぶん金曜ロードショーだと思いますが、もっともあぶない刑事がやっていたのをたまたま見て、「あっ、これ修学旅行の帰りに見たやつ!」と思って、そこで初めて「あぶない刑事って面白い!」と気づきました。

そして高校生の時、夕方の再放送で どハマリし、録画して見まくりました。

リターンズからはリアルタイムです(^.^)

最近 、もっとあぶない刑事を見返し、「乱脈」のタカとユージが撃ち合うシーンが一番好き!と思ってたところに、鯨さんのブログで「乱脈」が登場したので、つい嬉しくなってコメントしてしまいました(^.^)
作品でいうと、「波乱」が もっとあぶない刑事の中では一番好きかな~

私も、あぶない刑事のことを誰かと語りあったことがないので、鯨さんのブログで交流がもてたら嬉しく思います!

これからもよろしくお願いします😊
みゆき
2016年04月10日 21:22
ミニカーと台本の特典つきを予約されたんですね。

うらやま・・・

ウチどうしよう・・・

正直アマゾンでも受け付けてるけど、値段がね・・・

なんであんなに違うんでしょう?
2016年04月13日 15:40
くまぴさん
リターンズからはリアルタイム!私も一緒です!
就学旅行のバスの中でもっとも見てたんですか!?素晴らしいですねぇ!金曜ロードショーのもっともで初めてあぶ刑事を認識するのも私一緒です!

あぶ刑事っていつ出会うかによって前期や後期の作品に対する評価が変わってくると思うんですが、くまぴさんはリターンズ見た時どうでしたか?
私はヒーローって年とらないしずっと変わらないもんだと思ってた子供だったので、リターンズを見たときショックで…。
今見たら全然若いしかっこいいんですけどね。

でもやっぱり好きで、こうしてさらばを見届けられて良かったです。こうしてあぶ刑事の事を今話せるって素晴らしいですね!

「波乱」見てみます。サブタイトルだけで内容紐づくのがもっとは「一気」ぐらいなので、どんなだったか全然分からないのでメモしときます。
2016年04月13日 15:57
みゆきさん
さらばのDVD/BDはおまけが色々あって発売元も色々あって、しかも映像特典にはレンタル版にしかついてないものもあるらしいですね。もうちょっと私も整理できてないですが。

私は台本付が欲しかったので日テレのところから買いました。ミニカーも付いたのはもうないけど台本付きはまだあるようですね。

前売券も色々特典つけてくるから…何枚買わすねん状態でしたが、DVD/BDも一緒ですね。特典が充実する分にはまぁいいか!と思ってます。
くまぴ
2016年04月18日 01:11
リターンズを見た時の感想ですね。
そりゃあもう、ショックでしたよ(笑)
私のショック箇所はですね・・・課長が違ーーう!
透に後輩は いらーん!
こんなの あぶない刑事じゃなーい!ですかね(^^;

あと、看護婦さんが車イス押して ゾロゾロ来るのがすんごい不気味で
「もう リターンズは見たくない・・・」と思いました。
思いましたけど、なぜかリターンズのビデオが家にある。
ってことは、私 買ったんだよな。

でも 、さらばあぶない刑事公開前に出た、劇場版DVDマガジン全部買って、リターンズも久しぶりに見ましたけど、
「あれ?これはこれで面白いじゃないの」と思いました(^.^)

映画はずっと「もっともあぶない刑事」が一番好きでした。
今は、もっとも~と、さらば~と、どっちが一番好きか、まだ頭の中で整理できてません。

ラストの方の、タカ&ユージVS大勢の敵の
シーンの、タカとユージの一連の会話がたまらなく好きです。

私もテレビシリーズの、サブタイトル見ただけで内容分かることはまずないですね💦?

でも何かの本で、もっとあぶない刑事の中では「波乱」がファンには人気があると書いてあったのを読み、私もまんざらではないな。ファンを名乗ってもよいかもしれない。と、ちょっと自信がつきました(笑)

鯨さんも、いつか見てみて下さい(^^)
2016年04月19日 01:08
くまぴさん
分かります!リターンズの感想一緒です。
やはり好きになった時期が似てると似るんでしょうかね。車イスのシーンはせっかくユージが走る見せ場なのに演出が中途半端でしたね。

もっともの印象が強かったからリターンズって一番ファンに厳しい目で見られた作品なのかもしれませんね。
私も最近DVDマガジン買ってみたら「あれ面白い。」って思いました。笑。そこも一緒ですね。
でもやっぱりパパやナカさんの存在が大事にされてなかったり、スケスケ服のふんどし姿っていつの時代に見ても違和感しかなかったり、色々言いたくなる作品です。笑。

「波乱」はヒストリーブックを見たら思い出しました!
ユージの白スーツ回ですね!素晴らしい回でした!
ホテルの部屋でトオルをかばいながら後に飛ぶシーンはいいですよね~でも撃たれるの谷村かい!って心の中で毎回おしい!って思ってしまうやつです。妄想で補完してます。
ファンにも人気なんですね~また近々見てみます!

この記事へのトラックバック