毎日更新月間「M-1グランプリ 2007」

ブログのテーマにまったく関係していませんが語りたいので語らせて下さい。

年々、回を重ねるごとにローカル局臭が消えて洗練されていく感があるM-1グランプリですが、畑中フーのくどいナレーションで西の方の自分達大好きな11時代の番組の臭いがしてきてあぁやっぱり上方番組かと再確認した2007年でした。

サンドウィッチマンが優勝しましたね。

「・・・誰ですか?」

ご存知ですか?サンドウィッチマン。きっと2008年テレビに登場する機会が急に増える芸人さんになると思うのでチェックしておいて下さい。私も今インターネットでチェックしました。ブログはアクセス集中でなかなか見られないのであきらめました。所属事務所の名前も初めて見ました。

おもしろさは「笑い声」で証明できるので分かりやすいくていいですね。
上方番組で審査員も上方のお笑い出身者が大半でしたが、決まった結果に不公平感はまったく感じませんでした。

笑い飯、ポイズンガールズバンド、ザブングル、千鳥まで見てた時は今年はいまいちだな~と思っていましたが、トータルテンボスで一気に会場が暖まって、ハリセンボンでその日一番の爆笑が生まれていました。

正直なめていたハリセンボンの面白さにびっくり。
あれだけ実力があれば若手ブーム以降も残りそうですね。

あとキングコングは西野のハングリー精神満開のブログを前々から読んでいたので期待していましたが、ジェットコースター漫才は面白かったけど爆笑できる笑いがありませんでした。緩急って大事なんじゃないかと見ていて思いました。父は「何を言ってるか分からない。」と言ってました。確かに聞き逃しそうになるぐらい早かったですね。

ちなみに母はダイノジもとい、ダイアンの漫才で爆笑していました、普段声を出して笑うことの少ない母が声を出して笑っていたので私はちょっと幸せな気持ちになれました。

そして優勝したサンドウィッチマンの漫才は私は餃子を焼いていてあまり見ていません。
それぐらいなめていましたサンドウィッチマン。決勝をしっかり見たいから今のうちの餃子を焼いておかなきゃ!という小休止の時間にあててしまいました。審査結果の点数の高さを見てビックリ。ダントツでしたねサンドウィッチマン!名前がダサいねサンドウィッチマン!

あぁいう笑いをコツコツやってきたんで(あろう)芸人さんが、自分の実力をしっかりと見てもらえる場を与えられて結果を残したという事が今年のM-1の一番良かった点じゃないかと思います。サンドウィッチマンにやる気をもらった芸人さんはきっと多いはずです。

で最後に審査員についてですが、島田紳助・松本人志・上沼恵美子・ラサール石井・大竹まこと・オール巨人・中田カウスの7名中5名が上方出身っていうのは偏りすぎていると思いました。関東系の2人はコント出身だし、じゃあウッチャンを出してよとファンの私は思いました。以前ナンチャンが審査員で出ていましたが、ナンチャンは勉強熱心で好奇心旺盛で理論を語るのが大好きな人ですがあまり本人に説得力がないんですよね。私は「背中で語る男」が好きなので、ウッチャンの感性の人的、あまり語らず態度で示す姿勢が好きで、そういう人がたまに語る「お笑い論」なんかにはとても価値や説得力を感じます。あとネタを見て楽しそうに笑う所とかもいいですよね~ウッチャンは!笑うレベルが低いというか演者として中にいるのに外にいて見ているかの様に笑えることはなかなか皆できることではなく、自分が笑いをとる事に必死になっていない人が出来る技で、またそのせいで場の空気が和やかになったり周りが伸び伸び楽しそうにしている感じが「内村プロデュース」のおもしろさの秘訣です。話がそれましたね。まぁ、これも「人見知り」だし、実現することはないと思いますが。
でもそんな事を言っておきながら今回新たにオール巨人と上沼恵美子が加わったことは凄く嬉しかったです。オール巨人のでかくて公平な姿勢や上沼恵美子の審査しながら人を笑わせようと狙ってくる姿勢とか、凄く好きです。
審査員で物申したいと思うのはむしろ1回目からいる中田カウス氏で、なんかカウスボタンの漫才を見ていても笑いに「あぐら」を書いている気がして、面白くない時はないが凄く面白かった時もない漫才が最近ず~と私の中で続いていて、自分が愉しむ為に漫才をしてて、「そしたら客は勝手に笑うんや。」という感じの空気がここ何年か出ている気がします。私が小学生の頃も漫才師として尊敬される立場にいたけどその漫才は凄く面白い!と思った記憶があります。あの頃と何が違うのかは良く分からないけど、本当はもっと面白く出来るのにあぐらかいてる気がしてなりません。あの頃の漫才がまた見たいです。

あ~スッキリ。気が済みました。

以上、少し偏った私のMー1の感想でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年12月28日 22:39
こんばんは。私もM-1見てました。実は第1回目から見ているのですが今年のエントリーを見て当初は見る気を失っていました。個人的な意見ではハリセンボンとキングコングが決勝に残る訳ない、出来レースだと思っていたもので。でも敗者復活で誰が出てくるか見たかったので結局全部見てしまった。結果的にはそのサンドウィッチマンが勝利をさらっていったので良かったと。全然知らなかったのですが何だかとても安心して見られましたから。
それと今回の出演はダイノジじゃなくてダイアンじゃないでしょうか?私ダイノジのネタ、好きですけど(^▽^)
2007年12月29日 01:55
ちえさんこんばんわ!そしてあ~間違えてました!ダイノジじゃなくてダイアンでした!うっかりでした。
私も第1回から毎回楽しみに見ています。M-1の出来レース化はフジTVの吉田プロデューサーのブログでも言ってました。なんかこれから問題になっていきそうですね。私は毎年な~んにも考えずに笑ってましたが。来年はサンドウィッチマンの躍進に期待ですね!

この記事へのトラックバック