第14話「死闘」

監督:村川 透
脚本:峯尾基三


私の大好きな死闘。これはまさしく題名通りの回ですね。ユージがものすご~くかっこいいです。よし見よう。私気持ち悪かったらごめんなさいね。

冒頭
取調べ室から出てくる白いシルクハットの様な紙ハットのような猫の絵を描いた帽子をかぶった男 始まりからしてもうおかしいです。 近藤課長のコートを逆さに着て、即席のマジックショーをする男 拍手して盛り上がる捜査課の人々 照明のあたり具合も遊び心光る。 ユージのスーツキラキラしてますね。 マジシャンに憧れていたユージ、手が絡む。 猫さん「私の取調べの方は?」 ん~港署にいると時々捕まった方がまともな人に見えてきますね。 課長のコート「バーバリー」ですね! 近藤課長登場 やっぱり近藤課長が厳しいから周りがふざけててても許せるんですよね、まともな人が一人ぐらいいてくれないと。 パパがすごく自然に取調室に机を運ぶシーンもいいです。日常っぽくて・・・一緒に運んでる人は誰? 拍手で見送られる猫さん ピザの配達到着 この回の重要ポイントです「記録が塗り替えられた。」 タカ「嬉しい!」 なんでそんな怒鳴りながら言ってるんでしょうか、まだアドリブに慣れてないからでしょうか、でも私はタカはアドリブにあんまり染まらずに楽しみながらも「まともゾーン」(近藤 パパ タカ)にいてくれているドラマ初期がすごく好きです。

怪しい男
こういう場面の切り替わりは珍しいですね。銃をつめる怪しい男がいるだけ。すごく短いシーンです。もちろん後につながるんですが。

捜査課
ピザを手にタカ「逃がし屋?」 これも今回のキーワード ユージが教室にいそうな不良っぽくてとってもいいです!早くもギラギラきました。 あとユージが言い訳する時に声のトーンが上がる所も私すご~く好きです!この声が出せる人はやっぱり若いと思いますギラギラしてます! 映画「もっとも」以降は声が低くなってしまって、息を吐きながら台詞をしゃべる様な感じで演技もちょっと変わるんですよね。 ユージ=ギラギラ感、が好きな私としてはこの声のトーンが聞けない「もっとも」以降はギラギラを感じられなくて嫌なんです!そうですファンのわがままです!

現金輸送車
何者かに襲われる現金輸送車 現金輸送車が襲われるって昔の刑事ドラマの定番ですね。

捜査課
ユージ「逃がし屋ね、ほんとにいたら逃がさねぇぞ。」ナカさん「笑わせてもらった。」 自然でいいです。 ナカさん電話とってもまだ普通ですね。

事件現場
いかにもアフレコな吉田の台詞 輸送を担当した警備員の小堺さん 事件当時の回想シーン 凶悪犯です。一人だけ助かった小堺さん 1時7分で止った時計 記録更新「奪われた現金の額3億5千万」 タカ「ユージお前も新記録に挑戦したら~?」 そんな軽く言っちゃ後々後悔しますよ・・。 

株式会社ヤマナカ
乗り捨てられたパネルカー  検問にひっかからなかったことを疑問に思うパパ 車を蹴って痛がるパパ パパ初期から結構おもしろい!

警備会社
聞き込みに来たタカとトオル 事件報告時間1時17分 現場で止っていた時計と10分の差があることに疑問を感じるタカ

喫茶店
ゲームをしながら事件経過を追うユージ 推理するタカ 時々光りますねユージのスーツ 鑑識結果を伝えるトオル 二人に振り回されるトオル 頭きたトオル ユージの隠れファンでタカの表ファンのトオル これアドリブでしょうか?

銃の密売人を追うトオルとタカ
ずいぶんと無機質公園 あぶないタカ タカ「弾丸使用量神奈川ナンバー1知ってるか?」
怖い。

捜査課
近藤「交代?寒いからカイロ?」 この台詞だけで相手がユージだと分かるんですが・・。

公衆電話
このユージもいいですね~大好きです。 タカは一人だとクールですがユージは一人でもふざけてますよね~。 小堺のアパートを張り込むユージ 近藤の捜査の心得が長い 受話器を置いたまま行ってしまうユージ 近藤課長の声だけがむなしく響いている・・・いい演出ですね! あ~このコートをそろえるユージもいい!

バー
タカとトオル タカに「こっちの坊や」と言われてるトオル カウンターの影から拳銃を取り出す男 突然の銃撃戦 なぜか突然女の人のおしり エアロビのジムに男が立てこもる前の伏線だったんですね。 BGMに「ランニング・ショット」トオル君すごくがんばってます

廃屋
怪しい廃屋へやって来た警備員小堺 後を追うユージ 最初に猿のぬいぐるみが映った時点でもう予感しますがやっぱり何かしてくれますねユージ はずしません! 最初のシーンに登場した銃に弾を込める男がポテトチップスを持って登場 現金強奪犯のアジト 小堺が合流 万国旗とアメリカ国旗 アメリカの軍関係の跡地でしょうか。 犯人の一味だった小堺 ユージ「何揉めてんだよ。」 こういう所で遊び心いっぱいの事してくれるユージがやっぱり最高に素敵です。 猿のぬいぐるみからさっと銃を抜き「動くな。」・・・ん~かっこいい以外言葉が見当たりません。 また顔半分が影になっている所も照明さんの演出が光ります。かっこいいですね~。 ここからのつぶやく様な台詞回しも・・・かっこいいです。低い声もいいですね~。やっぱりあぶ刑事は照明さんも凄い。 ユージの声と廃屋に忍び寄る足 ピ~ンチ!!3人目の仲間が・・・ユージの声に気付いて足を止めます。 これ初めてみた時はほんとドキドキとワクワクが入り混じった感じで見てました。 簡単に一人でやっつけちゃってもおもしろみがないし、でも無事でいてほしいし、みたいなね。 ユージは声だけでもかっこいいですね~。 あ~映ったと思ったら撃たれた!クルクル回ってよけるユージ でも腹部に鮮血が。 ユージが怪我をしたのはこれが初めてでしたっけ? この回もまたユージファンをたくさん増やしたんでしょうね~、ピンチあってこその刑事ドラマですからね~。 ユージ「戻れ。」 やばいな・・・かっこよすぎてやばいです。これは深く考察するもんじゃなく見て感じて下さい。 ユージが撃たれた~!叫びたいぐらい映像に引き込まれてしまいます。

捜査課
BGMも怪しい 連絡が途絶えたユージ 

廃屋
血のついた手で無線機を持ち「タカ」とつぶやくユージ テレビの前で色~んな女性ファンが叫んでそうですね。 演技がほんとリアルなんです! 額に汗がにじんでるし声がか細くなってるし。 ユージ「あ~、良かった~あと3発も残ってる。」 ここも重要なシーンです。こういうハッタリもユージらしくていいですね~! ユージ「あち・・。」 何が熱いでしょうか!? 確かに汗だらけだけど・・・ここ「痛ぇ。」って言わずに「熱ぃ。」って言っちゃう所がユージのかっこいい所ですね!

捜査課
小堺の行方を探すパパとナカさん


ユージの無線に呼びかけるタカ この無線途中でなくなりましたよね、確かにこの大きさがあのスーツの中に常にあるって言うのはちょっと無理があるけど。タカ「うるさい!」 なんか弱い声でかわいどうです。

ビリヤード場
パパって・・・ほんと演技が自然で素晴らしいです。「探偵物語」とか、キャリアはピカイチですもんね!

捜査課
冒頭で出てきた「逃がし屋」がここで再登場。 もう朝、薫ちゃんのこの肝の据わった感じも大好きです。

廃屋
いやいやリアルすぎて・・・一番中撃たれた体で寝ずに銃を向けてたらこれだけ衰弱はしそうだけどリアルすぎて見てられません。 顔が痩せこけてクマが!きっちりセットした髪がへなってなってる!煙草もしおれてる・・・。 刑事ドラマの主役ってかっこよく見せるのが普通ですよね、たとえ一晩中銃をかまえててもこんなメイクしませんよね、かっこ悪くなったらファンが離れちゃうしヒーローじゃないし。 その点このあぶ刑事は、変にリアルさというか人間くささを表現してて、軽いんだけど軽すぎないというか、他の刑事ドラマになかった重さも持ってるというか、子供向けじゃないというか・・・。 とにかくユージは凄い人です。役者さんの名前とかじゃなくもう物語に引き込まれてるから役名でしか考えられないんですが、そういう人間くさくてふざけててかっこ悪い部分でも「かっこいい。」と言えるキャラクターが大下勇次です。 ここであぶ刑事名言大賞にノミネートしたくなる名言が「死にてぇ奴は、前へ出ろ。」 かっこいいー。それしかいえない。

ブティック
髪型が時代を感じる女性 もみ上げクリクリ 薫ちゃんのシリアスなシーンは珍しいです。 タカよく女性を殴りますよね~2、3回見た気が。「カサブランカ・ダンディ」ですね!


薫が運転席タカが助手席  

廃屋
本当はあと1発だった弾がむなしく響く マフラーで銃を手を縛るユージ ほんとがんばれ。

なぜかオープニングのBGMと共に橋を歩くタカ 
ここBGMの選択間違ってる気が!あとタカに「走れよ~!」とつっこみたくなるんで編集じたい間違ってる気が!前のシーンと温度差がありすぎです! 皆捜査してるダイジェスト

捜査課
なかなか捜査が進みませんね~

パチンコ
タカとパパとトオルと薫 薫が船長に接近 

喫茶店
普通こんな座り方しないと思うけど。 薫ちゃんのシリアス演技は本当に珍しいですね!浅野温子の演技としては普通だけど。


また銃を向けるタカ 今度は本当に発砲するタカ それだけタカが本気だっていう図ですね。 パパの驚き具合が最高です。

逃がし屋の男の自宅
大音量の第9 家宅捜索する一同

捜査課
近藤に捜査報告するパパ

トオルまで銃で脅してますね、切羽詰まっているこういう状況でしか見られないシーンだからまぁ仕方がない。

廃屋
死にそうじゃ~ん! 

逃がし屋に取引きを持ちかけるタカ タカはこういう時作戦が冷静ですね ユージは絶対実力行使してそうだけど 逃がし屋を逃がすタカ 尾行する薫 無理やり感もあるけどスムーズな捜査

廃屋 
ユージの意識が途切れた瞬間襲い掛かる3人組 手錠でつながれてるので必死 ユージの持っていた銃を奪い逆にユージのこめかみにあてる男 ここも最高です超~好きなシーンです。
ユージ懇願する声で「撃たないでぇ~。」 銃の引き金が虚しく「カチ」 口から歯を吐き飛ばして「ひっかかっちゃったね。」 すごく悔しそうな男たち いや~あぶ刑事の最優秀一連の流れ賞をあげたいです。 この流れを考えたのはやっぱり監督かな? さすが村川監督、ユージのことよく分かってます!こういうギャップがあるからユージはかっこいいんですよね! 最初の「撃たないでぇ~。」なんてかっこ悪~い台詞だけどこれも実はジョークなんですよね! どこまでも軽い!死にそうなのに軽い愛すべきキャラクターです。 こっから男達の逆襲が始まるんですけど、もう視聴者お腹いっぱいなんでそんな殴らないでやって下さい。 小堺さんなんかおかしくなっちゃってるし、いつ見ても怖いです・・・。 捜査課一同突入 タカの「バカヤロウ。」なんか大門さんの声に聞こえました。 なんかタカと薫に抱えられたユージの声が案外元気で拍子抜け。

捜査課
誰もいない捜査課のデスクへ「良かった、良かった。」と繰り返す近藤。 いいシーンですね。
一人でボケてるし・・・直前で何があったんでしょう。ナカさんかユージになんかして下さいよって言われたんでしょうか。

病室
これも意味深。なぜユージと薫がキスしようとしてるんですか!? 視聴者置いてきぼり。 まぁ楽しそうなんでいいです。 あれで瀕死の重症じゃないんだったら一体何が瀕死なんだろう。
 新記録「16時間ホシに拳銃を向け続けた頑張った」賞。 これ日本一ですねきっとね。 天にも昇る気持ちで天に昇っていったユージ。 ほんと現場で何があったらこんなシーンになるんですか!? あぶ刑事らしいアドリブですね。

エンディング

予告
あ、これは録画できていない「説得」ですね!ビデオをレンタルしてこなければ。若い永瀬正敏が見られる回ですね。1、2度しか見たことがありません。

総括
もうすべて↑に書き尽くしたので言うことなしです。
ほんとすさまじい死闘でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2007年11月08日 21:35
来ました!!「死闘」、ギラギラのユージくんです。もう、単独行動しちゃダメだって言ってるじゃないか~!テレビのこっち側で心配しまくったぞ~っ!
ユージがどっかで言ってました。タカに殴られた女は大概奴に惚れちゃうって、で自分に殴られたら倍返しされるって事を。
以前からそうでしたけどこの話でタカとユージの友情が深くなったような感じがしました。
タカが助けに到着した時に言う「遅かったじゃないか、電車(もしくは車)込んでたの?」「込んでた」っていうその後も何度か出てくるセリフが好きです。
2007年11月09日 22:56
いや~死闘でしたね~!!
ほんと初めて見た時はドキドキしました!
またユージの台詞がとてもギラギラしててかっこいいんですよね~!ユージはギラギラ界のキングですね~!そんな界ないですけど。

タカが女性を叩くと皆目覚めた様な表情になりますよね(笑)ユージはなんか同じ立場でケンカ出来そうだから皆殴り返すのかな・・・。的を射た台詞ですね。

「死闘」から友情が深くなってる説はぜひ考察したいですね~。確かに初期に感じる「違和感」は全然感じませんでした、あと「タカとユージ」っていうコンビ色が強く出てましたよね~。前回の松山ロケで何かあったんでしょうかね~。

そろそろ台詞の掛け合いのおもしろさが出てきますね!楽しみです~!
原沙良葉
2011年04月16日 15:44
こんにちは。私も勇次ファンなので「死闘」は大好きです!!「死にてえ奴は、前出ろ」は予告も本編も本当にかっこよくて好きです。
拝見していて少し気になったのが、タカさんが記録更新して怒鳴るシーン、あれって「嬉しい」じゃなくて「めし」なんじゃないかと。嬉しいとも聞こえるんですが、それだと怒鳴る意味が分からないし。
最近ひょんなことからあぶ刑事にはまりました。実は再放送どころかDVD派だったりします(笑)現在もこうして運営されているあぶ刑事のサイトがあって嬉しいです!!これからも更新頑張って下さい!!
2011年04月18日 22:08
原沙良葉さん
いや~つづけてて良かったです~ブログ。
最近は全然関係ないことしか書いておりませんがこういう話ごとのコメントも大歓迎です。
「嬉しい!」の件ですが「めし」ですか~ほ~見直してみます~!正直私もよくわかってません。

DVD世代ですか!脈々と受け継がれるあぶ刑事ファンの血ですねすばらしい!いつでも気になることがあればコメント下さいね~。

この記事へのトラックバック