あぶない刑事鑑賞日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記「80年代刑事ドラマ史」

<<   作成日時 : 2012/10/15 01:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

もし大学で、「80年代の刑事ドラマ史」という教科があったら絶対履修したのに。

『80年代以降の刑事ドラマにおける「あぶない刑事」の影響力』みたいな題名の論文書きたいですけどね。

私はあぶない刑事の再放送世代なので、作品の魅力を語る上でどうしても「時代性」については自分の意見では語れません。

知らないんです!当時のこと全然。

観賞日記と題してブログで感想とか書いてますが、
第1話で私が「スプーンおばぁさんみたいなかわいいおばぁさん」と書いてた方が、80年代におばぁちゃんアイドルとして活躍した浦辺粂子さんという有名な方であることを、DVDマガジンを読んで初めて知ったんです!

私やっぱり何にも分かってないんだな!ということに自信を持ってしまいました。

というわけで、80年代のこと。特に刑事ドラマのことをもっと勉強したい、そんな教科書売ってないかしらとネットの中をさまよっていたところ。

素晴らしいブログに出会いました。
80年代の刑事ドラマに関する豊富な知識、客観的な視点で書かれたあぶない刑事が時代に与えた影響力についての考察。

まさに私が探していた教科書。

大変感動しましたので、また勢いにまかせてリンクのお願いをさせて頂きました。
いきなりのお願いにもかかわらず快く了解頂きましたので、またリンクを1つ追加させて頂きました。


「茶屋町吾郎の趣味シュミtapestry」さんです。
私のような再放送世代のファンにとっては、新しい発見がきっとたくさんあるはずです。

80年代の刑事ドラマは私も高校生の頃にCS放送でだいぶ勉強したんですが、やっぱり当時の時代背景を含んで書かれる文章の説得力はすごいです。

私も学んだことを活かし、自分なりの考察につなげていきたいと思います。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この度は当ブログ「茶屋町吾郎の趣味シュミtapestry」にリンクを張って下さりましてありがとうございます。

浦辺粂子は『あぶない刑事』の前年にテレ朝-石原プロで作られた舘ひろし主演の『ただいま絶好調!』にもゲスト主演で出ておられます。『あぶない刑事』のほうはチョイ役でしたが、こちらはゲスト主演だけに浦辺粂子のコメディアンヌの魅力全開!というかんじに当時のこの方のすごさが判るかと思います。レンタル&セルのDVDが出ていますので機会があったら観てみて下さい。

それから、来月11月は日テレプラスで石立鉄男主演の人情コメディドラマ『天まであがれ!2』にレギュラーで柴田恭兵が出ています。2の前の1にも出ていまして、そこでは石立鉄男とは家が隣同士の従弟役でヒロイン・池上季実子を巡っての恋敵という役どころでしたが、2では熱血警官・石立鉄男が追う怪盗タイガーという役どころ。仮面やタイツでコスプレしていたり、アクション有ったりしています。『あぶない刑事』の3年前の1983年の作品で、それ以後は『あぶない刑事』まではあまりコメディタッチや役やアクションを取り入れた役を一時やっていなかった頃ですから貴重かと思います。ちなみにCS初登場の蔵出し作品で、自分も“ちゃんとした映像”で観るのも二十何年ぶりとなりますから楽しみにしています。
日テレプラス 『天まであがれ!2』紹介ページ
http://www.nitteleplus.com/next.html#10
茶屋町吾郎
2012/10/17 02:34
茶屋町さんコメントありがとうございます!
こちらがお願いした事なのに茶屋町さんのブログでも紹介下さ下さり恐縮でございます!
そして天まであがれの情報…まったく知りませんでした。ありがとうございます!80年代の柴田恭兵作品はすべて見てみたいと思っていたので嬉しいです。

浦辺さんの出演背景にもやはりそういう縁があったんですね!
私は当時人気だった人は全然知りませんが当時無名で今人気な俳優さんがあぶない刑事には結構いるのでそちらに関してはいい俳優になったな〜と感慨深く見てしまいます。
ハゲタカの映画に遠藤憲一が出演!とか。
楽しみ方は色々あるので当時のことももっと勉強して色々語れるようになりたいと思います!

2012/10/19 10:53
初めまして。
私は「あぶでかDVDマガジン」のCMがきっかけで、以前ハマリまくっていた初期のあぶない刑事を観直してます♪
今観ても恭さま扮するユージの魅力にはキュンキュンきてしまいます❤(初めて観た時からユージ・恭さま派です・・)

昔は”男の人って30代になったら、あんな感じになるのかな”と思ってましたが、周りの人は疎か 今30代の俳優さんでもタカとユージみたいに渋カッコ良くて男の色気が漂う人っていないなぁと思いますね。

恭さまファン歴16年の響世あきらさんって方が、アメブロで『しばいごころ』というブログを書いていらっしゃいます。
この方、素顔の恭さま(何度も直接話されてます)のレポも書かれていて、羨ましくもあり面白いです(笑)
もし気になられたら覘いてみてください。。
プリンセスロード
2012/10/27 17:56
プリンセスロードさんはじめまして。
コメントありがとうございます。

DVDマガジンのCMで再燃とは素晴らしいですね!
久しぶりに見るあぶない刑事はかなり面白いと思います…私も 今DVDマガジンと共に見返してるので50話とか当分見れそうにないので今から楽しみです。

あ「しばいごころ」さんはちょうど私も先月初めて伺いましてリンクをさせて頂いてます。あちらは一番柴田恭兵さん情報に詳しいですね!またよろしければ遊びに来て下さいー!

2012/10/30 00:55
特に日テレの刑事ドラマを語る上ではプロデューサーが外せないだろう。
http://dramanime.bakufu.org/create-pro.htm
ユウジ
2016/01/03 13:18
ユージさん
コメントありがとうございます。
プロデューサーの存在も大きいんですね。
なんか色々勉強する必要がありそうです。
URL紹介頂きありがとうございました!

2016/01/06 23:02
柏原寛司著作の小説のあとがきによると、中村良男プロデューサーが、あぶない刑事の初期の企画書の作成に携わっていたらしいですよ。
80年台に出たあぶない刑事の書籍では、初川則夫プロデューサーが企画したことになっているので、中村良男と初川則夫で企画書を作り、徐々に初川則夫が主導権を握るようになったのではないでしょうか。
なお、あぶない刑事のプロデューサーは初川則夫です。当時のCPは岡田晋吉で企画欄に表示があります。
そして、あぶない刑事の前番組である誇りの報酬は、中村良男がプロデューサーで、犯罪&アクション物アニメのプロデューサーだった初川則夫がドラマに移りAPでした。
その後、どういう因果か、初川則夫がプロデュースしていた刑事貴族は、初川則夫の退任後中村良男がプロデューサーを引き継ぎました。
http://dramanime.bakufu.org/create-pro.htm
ユウジ
2016/02/07 01:17
ユウジさん
柏原寛司著作の小説のあとがき私も読みました。
中村プロデューサーって聞いて私は誰か分からず、あぶ刑事の企画段階でのみ携わっておられたという事はとても短い期間だったんでしょうね。貴重なあとがきでした。

初川さんと中村さんの関係性等も色々面白うそうですね!

2016/02/07 15:33

コメントする help

ニックネーム
本 文

あぶ刑事系bloglink

  • Luna Park
  • 渋人
  • お気楽、ごくらく〜
  • しばいごころ
  • 茶屋町吾郎の趣味シュミtapestry
  • デカログ(公式)
  • あぶデカ裏編集日記(公式)
  • ジュリー系bloglink

  • せっきーのわがまま旅行
  • あんな人・こんな人ナナメ
    読み
  • 自由に歩いて愛して。
  • S横町

  • 雑記「80年代刑事ドラマ史」 あぶない刑事鑑賞日記/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる